ルール改正で距離測定器が使用可能に!GPS式とレーザー式の違いとオススメ商品とは?

投稿日:

こんにちは!ゴルフ大好き人間SAMです。

最近距離測定器が飛ぶように売れているらしいですね!それもそのはず、2019年1月1日からのルール改正の影響もあるのだと思います。

2019年1月1日から、ゴルフの一般ルールが変わりました ←うんちくを語るのにご活用下さい!

新たなルールで距離測定の使用が認められました。言わずもがなですが、ゴルフでは、打つことよりもその前に大事なのが、打つ距離を把握しクラブを選択することが大事です。何ヤード打つのかが決まっていないと目標が定まらずにペースが作れないってな事になってしまいます。

今回は、今の売れ筋をよく利用しているゴルフショップで聞いてきましたので、後生かをしてみたいと思います。

距離測定器を使いこなしてコースをうまく攻略致しましょう!

距離測定器 GPS式とレーザー式の違いは?

距離計測器には、大きく2種類ある。車のナビのように衛星電波を利用して、あらかじめ登録された地図情報を元に距離を測るGPS計測器と、レーザーを発射してその反射で距離を測るレーザー距離計である。

メリットは?

プロや上級者はレーザー距離計を愛用している場合が多いです。理由は、より正確に距離が測れるから。

対するGPS式は、カーナビのようにゴルフ場のコースレイアウトが登録されていて、“上から”コースレイアウトを見ながらプレーができる。立っているポジションからは見えないバンカーや池などを事前に確認ができるので、ナイスショットだったのに行ってみたら見えない池に入っていたなんてことを防ぐことができます。又、そのコースレイアウト上に自分のいる場所が表示され、グリーンはもちろんバンカーや池までの距離を表示してくれるので、刻んだりする時に非常に便利なので初めて購入する方はGPS式をお勧めいたします。

デメリットは?

レーザー式のデメリットは、距離を測りたい対象物が直線的に見えなければ計測ができないという点。

たとえば、木の向こうにピンが立っていると木がレーザーを反射してしまい、木までの距離が計測されてしまう。目標が見えないブラインドホールなどで障害物を超えてショットを打たなければならない場合は計測ができないというわけ・・・。

GPS式は、レーザー式と比べると若干精度が劣るのと、あらかじめ登録されているコースレイアウトを使用するため、直近のコース改修や、毎日変わる細かいピンポジションなどは反映されない。

おススメ商品は?4商品をご紹介!

Nikon ニコン ゴルフ用レーザー距離計 COOLSHOT PRO STABILIZED

手ブレ補正機能搭載でファインダー内の視界の揺れやレーザー光のブレを補正してくれ、ピンフラッグ迄の距離を測れたことが一目でわかるLOCKED ON機能付き。カメラメーカーならではの高技術が感じられる一品。見た目より軽くベルトなどに取り付ければ違和感なく使用ができます。

ブッシュネルゴルフ ピンシーカースロープツアーV4ジョルト

双眼鏡などの光学機器で有名なアメリカのメーカー。どのクオリティは高く、多くの有名選手が使用している一品。159グラムで軽いが、直線距離と同時に勾配を自動計測し、打つべき症例距離を表示する「スロープ機能」を搭載。

ガーミン アプローチS20J

多彩な測定・記録機能で世界中のコースをナビ可能です。GPS及びフィットネスデバイスのリーディングブランドになります。国内外2万コースがロードされ、自動的にショット位置や飛距離を測定・記録でき専用アプリと連携ができるオートショットラウンドアナライザー機能を搭載。じっくりラウンド後に分析ができる優れものです。

朝日ゴルフ用品 イーグルビジョン EV-732 EAGLE VISION -NEXT

GPS測定器といえば、イーグルビジョンとまで言われ評判が高いシリーズです。現在地からグリーンセンターとの高低差を操作なしでどの地点からも自動表示してくれます。対応コースではOBゾーンと1ペナゾーンを表示してくれるので、見るだけで打つべき方向が判断できます。戦略上手になって好スコアをたたき出しましょう!

Copyright© ひまろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.