ゴルフ場が18ホールなのは何故?

更新日:

ゴルフ大好き人間SAMです。

早速ながらゴルフの1ラウンドが18ホールであることについて疑問を持たれたことはございませんか?

切りのいい10、15、20ではなく、ゴルフ発祥の地と言われる英国に根付いたヤード・ポンド法の12進法に由来するでもなく・・・。

諸説ありますが、今回は有力説を2つ、順に説明していきますね!

スコッチ・ウィスキー説

ゴルフ発祥の地といわれるスコットランド(中国をゴルフ発祥の地とする説もある)はウィスキーの本場としてもまた有名です。

スコットランドのゴルフ場といえばいわゆるリンクスコースで、強い海風が吹きさらし、夏でも身体の芯まで冷えるほどの寒さです。
まだゴルフが遊びの域を出ない娯楽趣向の強かった時代、スコットランドのゴルファーはズボンの後ろポケットにスコッチにはいったボトルを入れて、1ホール終える毎にキャップ1杯を飲み干すことでこの寒さを凌ぎながらプレーを楽しんでいました。
そしていつも18ホールを終えたところでちょうどスコッチのボトルが空になり、プレーも終えたというのが、いつしか決まりごとになったという説です。

ゴルフの1打も、ウィスキーのグラス1杯もショットというのは、そこから来ているのかもしれませんね。

セントアンドリュース・オールドコース説

ストロークでゴルフが競われるようになるよりも前、ゴルフはマッチプレーで楽しむのが主流の頃、コースをいくつで回るかではなく、プレーヤー同士の勝ちホールの数で最終的な優劣を競うものだったためにホールというのは重要ではなかったとの事。よってホール数はゴルフ場によってまちまちでした。

ゴルフの聖地といわれるセントアンドリュース・オールドコースも最初は12ホールのコースとしてスタートしたそうです。
やがて改造を重ねてホール数が22となったセントアンドリュースですが、コースには市の土地が含まれていて、市が住宅用地への転用を機にコースの土地の一部を返還しなくてはならなくなったことから4ホール分の土地を返却して結局18ホールが残った事で18ホールのゴルフコースとなったのだそうです。
それ以降、このセントアンドリュース・オールドコースをひとつの基準とするように18ホールのゴルフ場が次々とオープンして今に至っているという説です。

いかがでしたでしょうか?

ゴルフ場が18ホールなのには、スコッチ・ウィスキー説、セントアンドリュース・オールドコース説をご紹介しましたが、実際はこのほかにもいろいろな説があるようです。いろいろな歴史があるんですね~。

考えるだけでも楽しいです。

そして、渋野日向子さんもその歴史に名を残す活躍をしてくれました。彼女の笑顔はゴルファーだけではなく、世界中の人の心に癒しを与えてくれましたね!

今後の活躍にも期待しましょう。

【FLEXFIT 110 ONETEN 渋野 日向子選手着用モデル】

Copyright© ひまろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.