令和元年度宅建試験回顧 問7

更新日:

令和元年度の宅建試験で撃沈し、自分を振り返る意味で、本年度の宅建試験問題を実際に会場で解いた思考回路について分析し、記事に残しておこうと思います。

【問 7】Aを売主、Bを買主として甲建物の売買契約が締結された場合におけるBのAに対する代金債務(以下「本件代金債務」という。)に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

1.Bが、本件代金債務につき受領権限のないCに対して弁済した場合、Cに受領権限がないことを知らないことにつきBに過失があれば、Cが受領した代金をAに引き渡したとしても、Bの弁済は有効にならない。

2.Bが、Aの代理人と称するDに対して本件代金債務を弁済した場合、Dに受領権限がないことにつきBが善意かつ無過失であれば、Bの弁済は有効となる。

3.Bが、Aの相続人と称するEに対して本件代金債務を弁済した場合、Eに受領権限がないことにつきBが善意かつ無過失であれば、Bの弁済は有効となる。

4.Bは、本件代金債務の履行期が過ぎた場合であっても、特段の事情がない限り、甲建物の引渡しに係る履行の提供を受けていないことを理由として、Aに対して代金の支払を拒むことができる。

スポンサーリンク


【思考回路と感想】問7 自分の答え1 正解 1

以下、試験当日、私が問題用紙に実際に線を引いた部分に印をつけています。試験当日の思考回路については字で記述。

1.Bが、本件代金債務につき受領権限のないCに対して弁済した場合、に受領権限がないことを知らないことにつきBに過失があればCが受領した代金をAに引き渡したとしても、Bの弁済は有効にならない

CがAに引き渡したのなら、問題なく有効で×

2.Bが、Aの代理人と称するDに対して本件代金債務を弁済した場合、Dに受領権限がないことにつきBが善意かつ無過失であれば、Bの弁済は有効となる。

無権代理かな?新聞配達をやめた人が、いつものように新聞代の領収書をもってきて払ってくださいと言って、払う人がいつも通りお金を払った場合は有効なので、これは〇だろうなと。

3.Bが、Aの相続人と称するEに対して本件代金債務を弁済した場合、Eに受領権限がないことにつきBが善意かつ無過失であれば、Bの弁済は有効となる。

2と一緒かな?でも、同じような質問であれば2,3はもう一度検討する必要あり。でも〇のような気がする。

4.Bは、本件代金債務の履行期が過ぎた場合であっても、特段の事情がない限り、甲建物の引渡しに係る履行の提供を受けていないことを理由として、Aに対して代金の支払を拒むことができる。

引き渡しと支払いは同時履行だろうと・・・。〇

ここで2と3は迷うが、明らか1が間違いだろうと思い、1とした。

分析)この問題は、見返し不要の問題につける印をつけていないので、試験当日も自信があった問題。結果も〇。

令和元年度宅建試験回顧 問6

令和元年度宅建試験回顧 問8

  • この記事を書いた人
SAM

SAM

暇なときに書いてます。自己紹介はコチラ!

Copyright© ひまろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.