残り2か月!とにかく宅建業法で20点(満点)を目指すべき理由

スポンサーリンク
宅建コラム
この記事は約3分で読めます。

令和3年度宅建試験まであと約2か月となりました。

思い返せば、昨年の同じ時期は、TACに通いながらも、宅建業法の点数が伸びずにかなり焦っていたことを思い出します。

結局、昨年の10月は、仕事の忙しさもあり、ほとんど勉強ができませんでした。。。。

ですので実質はこの時期から9月一杯はほぼ宅建業法で確実に点数を取るために、とにかく宅建業法の過去問を解き、間違ったら

・参考書を声を出して読み返す。

・間違ったところを書き出して、空き時間・隙間時間に覚える。

の2点を繰り返し実施していました。

あとやったのは、こじつけ・・というか語呂合わせですね。

 

過去2回宅建に臨み、それなりに勉強をしていたせいか、TACの模試でも民法・法令・税その他については点数が取れていたのもありますが、なんといっても宅建業法は、

・全問題(50問)中、4割(20問)を占める科目

・暗記科目

と、上記2点につきます。

昨年10月の合格基準点38点をとろうと思うと、戦略的には、

・宅建業法 20点/20問中

・民法 7点/14問中

・法令 6点/8問中

・税・その他 5点/8問中

を狙うべきであり、宅建業法で満点を取れば、残り30問で18点、つまり6割を取ればいいことになります。

私は、実際は

・宅建業法 17点/20問中

・民法 11点/14問中

・法令 8点/8問中

・税・その他 7/8問中

と、43点でしたが、それでも宅建業法については、最後まで覚えきれなかった感じです。。。

ですが、直前まで宅建業法に絞って(とはいえ、その他科目も過去問は解いていましたが)、とにかく宅建業法で20点(満点)を目指すという方法は正解でした。

宅建業法は、ひっかけ問題が多いですよね?

私も、自分がバカなんじゃないかと思うほど、簡単にひっかけ問題が弱かったです。

最終的には、例えば、専任媒介・専属専任媒介の問題が出た時には、

・報告義務

・登録義務

・有効期間

・更新

の表がすぐに頭に浮かべてから、問題を解くようにしていました。

問題を読みながら考えていると、内容をそのまま解釈してしまうというか、間違っている点に気づきにくいです。

上記にある表であるとか、この論点では、このようなひっかけ問題があるな と、思い出せるようにしておいて、あとは数式を解くように当てはめていくイメージでしょうか。

そのためにも、語呂合わせは非常に有効な武器になると思います。

棚田行政書士の不動産大学でもおなじみの覚え歌や、なかなかアップできていませんが、私が昨年実践していた語呂合わせを使っていただき、とにかく基本事項を確実に抑えるために、暗記をしてください。

ご参照⇒ひまろぐ|note

やればやるほど、得点は確実に伸びます。

 

又、予備校の講師の方に言われて、なるほどなと思ったのは、暗記は底に穴の開いたコップに、水を入れるようなもので、最初に覚えたものは、間違いなく忘れていきます。

その為に、常に水が満タンになるように、忘れる分だけ覚えていかないと、どんどん知識が無くなってしまいます。

1度や2度覚えたくらいでは、知識は定着しません。

とにかく繰り返し繰り返し暗記をする時間を設けて、覚えまくってください。

夏休みも終わりました。

思うように勉強ができなかった方もいらっしゃると思います。

でももう過ぎてしまったことを悔やむのはやめましょう!

試験の日まで前進あるのみです!

皆様の合格を祈願いたします(←上から~)

タイトルとURLをコピーしました