自閉症の息子の勘違い トイレの神様にて

こんにちは!SAMです。

今回は自閉症の息子の事について書きたいと思います。

自閉症の息子ならではの勘違い?思い込み?それがとても可愛かったので。。。

息子の詳細については、こちらをお読み下さい。

自閉症の長男のこと...

息子は歌を聞くのが大好きです。

今のMY MUSICは、植村花菜さんの 「トイレの神様」です。

学校の掃除の時間にかかっているらしく、家に帰ってもYOUTUBEでずっとその歌を聴いていました。

ある日、息子がケラケラ笑いながら私に聞いてきました。

スポンサードリンク


息子「ねえパパ~ トイレの神様に出てくる植村さんは、どのくらい太って、おばあちゃんとぶつかってしまったの?」

パパ「・・・意味がよくわからん。もう一回詳しく言うて」

息子「おばあちゃんとぶつかってしまうくらい、植村さんが太ってしまったんでしょ?」

息子が何を言っている事がよくわかりませんでした。

そして歌詞を見てみると、

♪少し大人になった私は

おばあちゃんとぶつかった

家族ともうまくやれなくて

居場所が無くなった♪

という箇所があり、漸くわかりました。

そうです。ぶつかったという言葉を、息子はそのまま解釈して、実際におばあちゃんとぶつかったと思ったのです。

ぶつかるくらい植村さんが太ってしまって、おばあちゃんが飛んでいった姿を想像し、おかしくてケラケラ笑っていたそうです。

言葉をストレートに読み取ることが多い自閉君の特徴ですね。

とっても可愛くてこちらも笑ってしまいました。

もちろんしっかり正しましたけど・・・

可愛すぎるわ。

  • この記事を書いた人
SAM

SAM

暇なときに書いてます。自己紹介はコチラ!

Copyright© ひまろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.