宅建・賃管資格

賃貸不動産経営管理士の実務講習が×××。受けてみたその感想。

  1. HOME >
  2. 宅建・賃管資格 >

賃貸不動産経営管理士の実務講習が×××。受けてみたその感想。

令和4年に賃貸不動産経営管理士の試験に合格しました。

但し、ご存じのようにそれだけでは、免許証はもらえませんし、名刺にも書けません。

今は、行政書士の勉強があり、なかなか受けれない状態でしたが、気分転換の意味も含めてようやく実務講習を受けることにしました。

今回は、合格した後に実施する実務講習について、実際に受講し、免許証を取得したのでその内容を投稿します。

講習の申込みから修了までの流れとその感想

➀マイページの作成を作成

https://www.chintaikanrishi.jp/course_practice/にアクセスし、

・賃貸不動産経営管理士の合格者

・指定講習の要件を満たさない宅建士

のどちらか、自身が該当するタブをクリックし、マイページを作成。

私でも簡単に作成ができます。

➁「受講申込みフォーム」より手続き。

必要事項を入力し、受講料を支払います。

受講料 なんと 20,000 円[税込]←高Σ(・□・;)

試験の受講料も高いなと思ったけど、金がかかりますね。。。

そしてその申込み手続き(受講料の支払い含む)の完了後、教材(テキスト・演習用ワ
ークブック等4種類の冊子)がレターパックライトで発送されます。

➂教材受け取り後は、教材を使用して自主学習(18 時間)の実施。

上記教材の発送後、本人限定受取郵便で受講に必要な ID 等を記載した受講票が送られてきます。講習動画視聴ページにログイン。

動画は、早送りや速度変更もできません。

3部構成の中でも、単元が分かれていて終わったら、次の再生をクリックしないと先に進めないようになっており、なかなかうまくできているなあという感じでした。

正直、聞き流してしまおうと思いましたが、最初の講師の方の話が実務的な話で、不動産関連の仕事をこれまでやってこなかった自分としては、非常に面白い話でしたし、勉強にもなりました。

ただ、賃貸不動産経営管理士って大変だな とも思いましたが。。。

自主学習が終わったら、受講票の受講手順に従い、e ラーニングでの受講

※スマートフォン、タブレットでの受講が可能

➃講習終了後、各講座の単元ごとに演習問題。

各講座終了後の修了試験(Web)で 7 割以上正解すると、修了者として認定されます。

講座は3部構成になっていますので、3回×10問の30問の問題に答えなければなりません。

問題の内容は、それまで勉強してきた知識と、講習の内容を聞いていれば全然問題ないレベルですのでご安心ください。

という私は、3回とも1回で7割クリアとはなりませんでしたが。。。。

でもこれも安心してください。

何回でもチャレンジできます。(これでいいの?・・・。)

10問ずつ解き終わり、採点ボタンを押すと結果が見れます。

クリアできなかったら、「もう一度チャレンジ」ボタンをクリックしてもう一度解き直しなのですが、選択肢の順番が変わっているので、気を付けてくださいね。

⑤修了者には、修了証が交付されます。

➀で作成したマイページで PDF形式のデータがダウンロードできます)

以上が、賃貸不動産経営管理士の実務講習なのですが、丸半日かかっちゃいますね。

そして、受けてみたその感想は、

 

めんどくさがらずに早く受けとくべきだった。

受けてみると実に簡単。

後は、免許証が自宅に届くのを待つのみです。

賃貸不動産経営管理士に合格したら、さっさと実務講習を実施して、登録しちゃいましょう!

  • この記事を書いた人
アバター画像

しかちゃん

令和2年宅建に合格!受験生を応援します!

© 2024 ひまろぐ Powered by AFFINGER5