ゴルフのうんちく 2019年1月1日から、ゴルフの一般ルールが変わりました

更新日:

2019年1月1日から、ゴルフの一般ルールが変わりましたが、皆さんはご存じでしたか?
※ただし、一般ゲームのルールの変更で、公式大会のルールでは適用外のものもあります。

発表自体は2017年3月にR&A(ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフクラブ・オブ・セントアンドリュース)とUSGA(全米ゴルフ協会)が「ゴルフ規則を近代化するための変更案」を提案していたそうです。

この新規則は、ゴルフゲームをより分かりやすく、簡単にプレーすることができ、 これからゴルフを始めるプレーヤーにとっても理解ができるよう、 現在の規則から大きく変わりました。 現行規則からの変更箇所は多岐にわたっていますが、その中からプレーヤーがコース上でよく使う主な規則を紹介したいと思います。
日本ゴルフ協会が、ルールを説明したPDFに基づき説明させて頂きます。

プレーヤーの行動

ゴルフはプレーヤー自身が規則を適用し、必要であれば自らに罰を課すゲームです。したがって、プレーヤーはゲーム のすべての面で誠実で、正直でなければならないことが明記されています。そして規則もプレーヤーが合理的に行った判断をできるだけ尊重することも追記されています。一つのホールで叩いてしまった時、正直自分が打った数が分からなくなる時がありますが、その際は正直に言って周りの人に確認をしてもらいましょう。また、委員会は独自の「行動規範」を作成し、それに違反した プレーヤーに1打、2打、失格の罰を課すこともできます。

コースの名称

コースは下記の4つの特定のエリアとなります。 そして4つの特定のエリア以外の所はジェネラル エリアと呼びます。

クラブの損傷

プレーヤーがクラブを損傷してしまった場合の選択肢は2つだけです。そのまま使うか、プレーを遅らせることなく修理するか、のいずれかとなります。どのようにしてクラブが壊れたのか、そしてその損傷がどのような状態なのかは関係ありません。

距離計測器

原則として距離計測機器の使用をすることができます。 一方、委員会はローカルルールで距離計測機器の使用を禁止することができます。距離計測機器で計測できるのは2点間の距離だけであり、高低差その他のプレーに影響する状 況を計測することはできません。なお、距離計測機器にいろいろな計測機能がついていたとしても、2点間の距離を計測する機 能以外のものを使用しなければ 違反とはなりません。

速やかなプレーのペースの奨励

プレーヤーは通常、自分の順番となってから40秒以内でストロークを行わなければなりません。また、ストロークプレー では、安全が確保できるのであれば、球の位置に関係なく、 準備ができたプレーヤーからプレーすることが奨励されます。これらのことを各プレーヤーが心がけることでゴルフを 速やかにプレーすることができます。

球を探す時間

球を捜す時間は現在の5分間から3分間に短縮されま す。この変更はプレーのペースに役立つでしょう。

スタンスをとった後に 後方に人を立たせる

スタンスを取り始めた後に人を後方に立たせることが禁止 されます。例えば、フェアウェイから球をプレーするときに、 キャディーを後方に立たせてスタンスをとった場合、その後 でキャディーが別の場所に移動したとしても一般の罰(マッ チプレーはそのホールの負け、ストロークプレーは2罰打)を 受けます。この禁止はプレーのペースに役立つでしょう。

マーカーへの告知

規則に基づいて救済を受ける場合、マーカーに事前に知らせ たり、立ち会わせる必要はありません。プレーヤーが規則に 基づいて誠実に処置することが求められます。

捜索中に球を動かす

球を捜索中に自分の球を偶然に動かしてしまっても罰はなく、 その球を元の位置にリプレースしなければなりません。

ストロークした球が偶然に何かに当たる

ストロークした球が偶然に自分 自身、自分のキャディー、用具に 当たっても罰はありません。 偶然に共用のカートに当たって も罰はありません

球を動かしたことの判断規準

球が動いた場合、プレーヤーが原因なのか、風、傾斜、その 他が原因なのか判断が難しい場合があります。新しい規則 ではプレーヤーが球を動かす原因となっていたと判断する 場合の基準を「分かっているか、事実上確実」としていま す。「分かっている」は100%、「事実上確実」は95%以上の 可能性を意味しています。つまりプレーヤーが動く原因と なったかどうか疑わしい、95%以上の明確な証拠がない、 ということであれば、プレーヤーが球を動かす原因となった ものとは扱われません。

ストローク中に複数回球を打つ

例えば、偶然に2度打ちをしても罰はありません。 そのストロークを1回と数えるだけです。

地面にくい込んだ球

球がジェネラルエリアにくい込んだ場合、罰なしに救済を 受けることができます。例えば、球がラフの中の地面にくい 込んだ場合も罰なしの救済を受けることができます。一 方、委員会はこの救済をフェアウェイの区域にのみ限定す るローカルルールを制定することもできます。

パッティンググリーンのプレーの線に触れる

パットをした球が転がっていくと推定 するプレーの線に触れたとしても、そ の状態を改善することがなければ罰は ありません。

パッティンググリーン上の 損傷箇所

パッティンググリーン上の損傷箇所を修理することができ ます。例えば、プレーの線上のスパイクマークを修理するこ とができます。ただし、自然の凹凸やホールの摩耗を修理 することはできません。

パッティンググリーン上の球を動かす

パッティンググリーン上にある自分の球を偶然に動かして も罰はなく、その球は元の位置にリプレースしなければ なりません。

パッティンググリーン上にリプレースした球が動く

パッティンググリーン上の球をマークして拾い上げて、元の 位置にリプレースした球が偶然に動いた場合、その原因が 何であったとしても、その球は罰なしに元の位置にリプレー スしなければなりません。

パッティンググリーン上の球をキャディーが拾い上げる

パッティンググリーン上にある球をキャディーがマークして 拾い上げる場合、プレーヤーの承認は必要ありません

ホールに旗竿を立てたまま プレーすること

ホールに旗竿を立てたままパットをして、その球が旗竿に 当たっても罰はありません。つまりホールに旗竿を立てた ままパットすることができます。このことは、長いパットを残 したプレーヤーが誰かが旗竿に付き添ってくれるのを待つ 時間を短縮できるでしょう。

バンカー内の ルースインペディメント

球がバンカー内にある場合、そのバンカー内のルースイン ペディメント(木の葉、枝、石などの自然物)に触れても罰 はなく、取り除くこともできます。

バンカー内の球に対する アンプレヤブルの新しい選択肢

バンカー内の球に対するアンプレヤブルの処置に、現在の 1罰打の処置の他に、2罰打で球とホールを結ぶ線上でそ のバンカー外の後方に基点を決めて、その基点から1クラ ブレングス以内でホールに近づかない救済エリアに球をド ロップする処置が追加されます。

ウォーターハザードに代わる ペナルティーエリア

ウォーターハザードという概念はなくなり、新しくペナル ティーエリアとなります。ペナルティーエリアは水域でない 区域にも設定できます。例えば、球を捜すことが困難で、見 つかったとしてもプレーすることができないブッシュや崖 などの区域をペナルティーエリアとして設定することがで きます。イエローペナルティーエリアは現在のウォーター ハザードの処置をとることができ、レッドペナルティーエリ アはラテラル・ウォーターハザードの処置をとることがで きますが、対岸での救済は廃止されます。 またペナルティーエリア内の球をプレーする場合、クラブ をソールしたり、ルースインペディメントを取り除くことも できます。

球の切り替え

規則に基づいて救済を受ける場合は球を別の球に取り替 えることができます。カート道路、修理地、水溜まり、地面に くい込んだ球などの罰なしの救済の場合であっても球を 取り替えることができます。

救済を受ける場合に使用するクラブレングス

規則に基づいてクラブレングスを計測する場合(例えば、 救済のニヤレストポイントから1クラブレングス)、プレー ヤーが持っている最も長いクラブ(パターを除く)で計測し なければなりません。救済処置によって短いクラブで計測 することはできません。

ドロップの方法

新しい規則では、それぞれの救済処置に救済エリアを設 けています。例えば、カート道路からの救済の場合、救済 のニヤレストポイントから1クラブレングス以内でホー ルに近づかず、その障害が避けられる区域を救済エリア と言います。ドロップした球はこの救済エリアに落ち、そ してこの救済エリアに止まらなければなりません。ドロッ プした球がこの救済エリアの外に出た場合は再ドロップ となります。

再ドロップの要件

新しい規則では、それぞれの救済処置に救済エリアを設 けています。例えば、カート道路からの救済の場合、救済 のニヤレストポイントから1クラブレングス以内でホー ルに近づかず、その障害が避けられる区域を救済エリア と言います。ドロップした球はこの救済エリアに落ち、そ してこの救済エリアに止まらなければなりません。ドロッ プした球がこの救済エリアの外に出た場合は再ドロップ となります。

リプレースする箇所が 分からない場合

規則に基づいて球をリプレースするときに、その場所が 分からない場合、リプレースする箇所を推定してその球 をリプレースすることになります。現行の規則ではドロップ となっています。

以上が説明となります。

プレーをする前に同じ組の人と確認をした方が良さそうですね。

ルールをしっかり理解してゴルフを楽しみましょう!

下記ご参照↓

2019rulesleaflet

  • この記事を書いた人
SAM

SAM

暇なときに書いてます。自己紹介はコチラ!

Copyright© ひまろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.